庭へ人工芝を設置した場合の相場について

庭はそのままの状態でいると春先から雑草が生えて来て、それを放置していると次第に根を張って大型化して育つようになります。従って一時的であれば除草剤を使って駆除することもできますが、これを使わない場合には2週間ほどたてば又生えて来ます。従って根本的な解決には至らないもので何か他の方法を模索することになります。1つの方法として居間から出られるようにして土間としてコンクリートを打ってその上にウッドデッキを施工するという方法もあります。あるいは植栽して雑草の手入れも行って野菜や草木を育てるという方法もありますが、高齢化するに従ってなかなか手が回らなくなる可能性もあります。人工芝を施工するという方法もありますが施工方法が分からず、しかも施工費がいくらぐらいかかるのかも知られていません。

施工するにあたって必要となる材料や準備について

人工芝を庭に敷き詰めるには素人でもできると言われています。必要とされるものは本体と砂利下シート、仕上げに使う珪砂、定規のようなもの、スコップ、トンカチ、カッター、ハサミ、ガムテープか養生テープ、レンガ、油性のマジック、片面の粘着テープ、U字釘などになります。不足するものはホームセンターや通信販売サイトで入手することができます。敷き詰める場所を特定してメジャーで面積を計測します。ある程度の余裕を見て必要な面積や長さを算出しておきます。サイトで検索をかけるとグレードによって販売価格は違いますが、なるべく安く購入できるサイトを見つけておいて分からないところがあればあらかじめ尋ねておきます。本体はなるべく上質のものを購入したいもので耐用年数は約10年と言われています。

人工芝を庭で施工する方法については

材料を揃えると砂利下シートを開封します。U字釘は寸法に注意して径3ミリで幅3センチ、長さ15センチ前後のものを購入するようにします。これは砂利下シートの仮止めやジョイント部分の仮止めに使用します。雑草や小石などはあらかじめ取り除いておき天然芝があればこれも取り除いておきます。コンクリート土間やタイル貼りのところがあればこの高さを基準にさらにその下端からある寸法分掘り下げその状態で土を突き固めておきます。排水溝があるところは高さぎりぎりまで土を入れるようにし、水の流れが止められないように注意します。土を突き固めた後は山の砂を散布しておくとより強く固まります。次に砂利下シートを敷き詰めます。障害物があればそこで折り返してカッターやハサミで切り、端部はU字釘で固定します。次に人工芝を仮に敷きます。余分な部分をカッターで切り取ります。端部は養生テープで養生しあとではがします。本体同士は2、3ミリ離すようにし外周部にU字釘を打ちます。費用についてはサイトから見積もとれます。平米当たり6千円から9千円というのが相場のようです。

初心者でも簡単にできる庭への人工芝設置方法

アメリカの映画やホームドラマなどでよく見かける綺麗な庭の芝には憧れを持っている方も多いでしょう。ただ、本物の芝になると、どうしても毎日の水やりや定期的な芝刈り、雑草などの草抜きなど手入れが大変です。もちろん芝は生きていますので、枯れてしまうと見た目も悪くなってしまいますので、枯れた際の処理も大変です。また、犬や猫が庭におしっこをしてしまうとその場所が枯れてしまうなど、せっかく丁寧に手入れをしていても近所に野良猫が多くいるような地域や、犬の散歩でもマナーを守らない飼い主がいると天然の芝にダメージを与えてしまうようなことが起きてしまいます。sこで、天然の芝にこだわりがないようであれば、見た目を常に美しく保つために人工芝を利用する選択肢があります。

日頃の手入れや設置が簡単な人工芝

人工芝は天然の芝ではありませんので、毎日の水やりや伸びてきた時のシばかりが不要になります。これだけで随分と手入れの手間が省けます。また、犬や猫におしっこをされても枯れてしまう心配もありません。最近ではDIYで作業をされる方が増えて来ましたので、ホームセンターなどでもよく見かけるようになりました。芝の長さなど、自分の好みの長さの製品を探してみましょう。人工の場合、天然の芝とは違い、ハサミやカッターで簡単に好みの大きさにカットすることが出来ます。天然の芝の場合、石畳の隙間や、日当たりの悪い場所、また人の往来で芝が踏まれてしまう場所など芝の育成が難しい場所もありますが、人工の製品であれば、小さな隙間でも日当たりが悪くても小さくカットして配置したり、いうでも青々とした姿をキープしてくれます。

少しの手間で美しい庭を手に入れる

人工芝は園芸というよりも工作の感覚で庭を変身させることが出来ます。もちろん、マンション住まいの方でベランダしか自分のガーデングスペースがないという方にもぴったりです。実際に芝を植える訳ではないので、ベランダでも手軽に敷くことが出来ます。芝の固定方法も、ピンで挿していくだけで固定される手軽な商品もありますので、時間をかけずに手軽に敷くことが出来ます。ガーデニングが趣味の方にもおすすめですが、日頃あまり植物に手をかけることが出来ないという方こそぴったりでしょう。年々製品の改良が進み、外観はまるで本物のように見える完成度の高い商品もありますので、ご近所から見た時には、本物の芝を上手に手入れしているようにしか見えないと思われるかもしれません。綺麗に手入れしているように見せてご近所の評判を上げましょう。

庭に人工芝を設置するとどのようなメリットがあるか説明します

一戸建て住宅を購入すると庭が付いてくることもありますので、その庭を少しでもきれいに整備しておけばその家の印象はとても良くなるのは間違いないでしょう。外をきれいにするためには最近インターロッキングやタイルなどを敷き詰めている住宅も多い一方で、人工芝を敷いている家も増えてきましたので、その家をまねして人工の芝生にしようとする人も少なくないでしょう。自然の芝生に比べると料金が高くなるため、事前にしっかりとしたメリットを確認しておくことはとても大事になるのは言うまでもありません。人工芝は種類によっても異なりますが、自然芝に比べると3倍から10倍ぐらいの料金がかかることになりますので、例えば30平米の土地を所有している場合には30万円から150万円ぐらいかかることが予想されます。

見た目が良いことが一番のメリット

庭に人工芝を敷く場合のメリットの一つは、緑色で明るく非常に見た目が良いことと答える人は少なくありませんので見た目の良さを重視する人は人口の芝生を引いてみるのがよいでしょう。自然芝よりも緑色が鮮やかなものもありますが、少し離れたところから見て人工の芝と分からないだけでなく近くで見ても人口の芝生と分からないぐらいの細かな作りをしているものもあります。値段によっていろいろな品質がありますが、本格的な自然芝と同じような見た目のものを購入する時にはそれなりの値段がかかります。当然ながら見た目重視の芝生になりますので近所の人から見てもその家に良い印象を与えることができるでしょう。ただし、冬場も緑色をしているため高麗芝のようにかれるわけではありませんので、近所の人には冬でも枯れない西洋の芝生と伝えておけばよいでしょう。

管理をするのが非常に楽な点もメリットになる

庭に天然芝を植える時には料金は非常に安いものの管理するのはとても大変になりますので、ある程度時間がある人でなければ管理しきれないでしょう。自然芝の管理がしっかりしていなければ夏場になると20センチぐらいの長さまで成長してしまい、芝生があることで逆にその家の見た目が悪くなってしまう可能性が高くなります。ですが、人工芝を使う場合には夏の間でも長さを整えたり肥料を上げたりする必要がないため、ある程度忙しい人でも問題ないでしょう。あとは価値観の問題で芝生を育てることが好きな人や管理をすることが苦にならない人、そしてまとまった時間がとれる人ならば自然芝でも問題ありません。ですがそうでなければ人工の芝生を引いた方が将来的にも楽をすることができるだけでなく、お金と時間がかかりません。

庭に人工芝を設置する際の注意点

戸建住宅に住むのであれ室内からどのような景色が見えるのかと言うのはとても重要な問題です。リビングなどから外を眺めるのであれば、よく手入れの行き届いた庭があることが理想的ですが、日々の仕事や家事でそこまで手が回らない人も少なくありません。そこで美しい景観を維持するために、人工芝を敷くというのは一つの解決方法です。作り物ですから、手入れをする必要がなくいつまでも青い姿を見せてくれる便利さがあります。ですが、設置をするときに注意するべき点がいくつかあります。それを知らないで設置してしまうとあとでトラブルになる可能性があります。設置してから慌てることがないように、どのような注意点があるのかを調べて、トラブルが起きることに備えておくことが大切です。

見えないところにカビが発生する危険

人工芝を庭に設置するとその下にはカビが発生しやすいとされています。なぜそのようなことになるのかというと屋根もない場所ですから、雨が降れば当然のことながら濡れてしまうからです。植物であれば水は生きていくためにかかせないものですが、作り物の芝には全く不要なものです。そうして雨によってもたらされた水分は土に吸収される分もありますが、湿気となって隙間にこもってしまう分も出てきます。日光が当たらない日陰でなおかつ湿気の多い環境というのはカビにとって、とても最適な環境ですから雨の後にはカビが生えてしまいます。特に水を通しにくい製品を設置するとカビが生えやすくなります。では、このようなことにならないためには、どのような対策を立てればよいのかというと、水はけがよく防カビ加工がされている製品を設置することや、設置する箇所の土の水はけを良くすることなどが有効な手段です。

人工物でも月日が経てば劣化していく

人工芝を敷いた庭は、いつまでも青々としているように見えますが、風雨に晒されたりその上を歩いたりすれば芝が抜けてしまったり色が変化したりしてしまいます。日々技術は進歩しているので耐久性は向上していますが、一般的に耐用年数は10年前後とされています。天然芝は手入れをしていればそれよりも長く生きることが出来るので設置しなおす手間というのをよく考えなければいけません。しかし人工芝を敷いた庭を長持ちさせるための工夫をすれば、設置し直す手間は天然芝に劣ることはありません。何を心がければよいのかというと、物置やテーブルや椅子など重いものをずっと置かないようにしておきましょう。それから人が歩いたあとなどは、芝が寝てしまい水はけのために空けている穴を塞いでしまうのでデッキブラシなどで起こすようにしましょう。

人工芝を庭に設置する際の管理方法

昨今、多様な手段で庭を彩ることができるようになっていますが、中でも根強い人気があるのが人工芝です。天然の芝の魅力ももちろんですが、水やりや芝刈りの時間がどうしても取れないという方からの需要にマッチしています。ただ、人工と言ってもある程度の管理が必要となります。特に長く綺麗なまま維持したいという方はメンテナンスが重要です。加えて施工前の準備も長持ちさせられるかどうかのポイントになっています。設置の段階でその後のメンテナンスの手間も変わってきます。これらを把握しておくことで長く楽しむことが可能となります。また、スポーツ用なのかエクステリア用なのかによっても管理の方法が異なります。庭に植えるのは一般的にエクステリア用ですが、スポーツ用を植えることも可能ではあります。

施工する前から重要なポイントがあります

人工芝を設置する前には丁寧に整地をする必要があります。デコボコしているところにシートを設置するとずれることがあるからです。設置が終わると定期的なメンテナンスを行うのが一般的ですが、その前に注意することを確認しておきます。まずは重量のあるものを長時間置かないことです。重い物を置くと芝のパイルが倒れます。短い時間であればパイルが立ち上がって直るのですが、長時間にわたってパイルを倒したままにすると戻ってこなくなることがあります。椅子や机の脚で踏んでしまうのも同様の問題に繋がる可能性がありますが、一箇所に机の脚を置く場所を固定することでその分だけパイルを倒すという方もいます。また、自動車の走行も大きな負担になります。人が乗ったり、跳ねたりする分には特に問題はありません。

エクステリア用人工芝のメンテナンス

庭によく設置されるエクステリア用の人工芝はノンサンドタイプになっています。ノンサンドタイプでは充填剤の補充を行う必要がありません。ただ、よく通る場所の芝が倒れてくることもあるので、定期的にデッキブラシなどで芝を立たせておくことをお勧めします。芝の中に土や砂が混じってくることもあるので、そちらも定期的に掃除しておくことと芝を長持ちさせることに繋がります。ジュースなどの飲料水をこぼしてしまったとしても、水で洗い流すことで変色を防ぐことができます。色の濃い飲み物の場合は変色に繋がる恐れが大きいので、早めの処理が特に重要となります。定期的に行うメンテナンスは実にシンプルであり、あとは汚れてしまった時の対処を行えばOKなので比較的簡単に整備できると言えます。