人工芝 庭

庭に人工芝を設置するとどのようなメリットがあるか説明します

一戸建て住宅を購入すると庭が付いてくることもありますので、その庭を少しでもきれいに整備しておけばその家の印象はとても良くなるのは間違いないでしょう。外をきれいにするためには最近インターロッキングやタイルなどを敷き詰めている住宅も多い一方で、人工芝を敷いている家も増えてきましたので、その家をまねして人工の芝生にしようとする人も少なくないでしょう。自然の芝生に比べると料金が高くなるため、事前にしっかりとしたメリットを確認しておくことはとても大事になるのは言うまでもありません。人工芝は種類によっても異なりますが、自然芝に比べると3倍から10倍ぐらいの料金がかかることになりますので、例えば30平米の土地を所有している場合には30万円から150万円ぐらいかかることが予想されます。

見た目が良いことが一番のメリット

庭に人工芝を敷く場合のメリットの一つは、緑色で明るく非常に見た目が良いことと答える人は少なくありませんので見た目の良さを重視する人は人口の芝生を引いてみるのがよいでしょう。自然芝よりも緑色が鮮やかなものもありますが、少し離れたところから見て人工の芝と分からないだけでなく近くで見ても人口の芝生と分からないぐらいの細かな作りをしているものもあります。値段によっていろいろな品質がありますが、本格的な自然芝と同じような見た目のものを購入する時にはそれなりの値段がかかります。当然ながら見た目重視の芝生になりますので近所の人から見てもその家に良い印象を与えることができるでしょう。ただし、冬場も緑色をしているため高麗芝のようにかれるわけではありませんので、近所の人には冬でも枯れない西洋の芝生と伝えておけばよいでしょう。

管理をするのが非常に楽な点もメリットになる

庭に天然芝を植える時には料金は非常に安いものの管理するのはとても大変になりますので、ある程度時間がある人でなければ管理しきれないでしょう。自然芝の管理がしっかりしていなければ夏場になると20センチぐらいの長さまで成長してしまい、芝生があることで逆にその家の見た目が悪くなってしまう可能性が高くなります。ですが、人工芝を使う場合には夏の間でも長さを整えたり肥料を上げたりする必要がないため、ある程度忙しい人でも問題ないでしょう。あとは価値観の問題で芝生を育てることが好きな人や管理をすることが苦にならない人、そしてまとまった時間がとれる人ならば自然芝でも問題ありません。ですがそうでなければ人工の芝生を引いた方が将来的にも楽をすることができるだけでなく、お金と時間がかかりません。