庭に人工芝を設置する際の注意点

戸建住宅に住むのであれ室内からどのような景色が見えるのかと言うのはとても重要な問題です。リビングなどから外を眺めるのであれば、よく手入れの行き届いた庭があることが理想的ですが、日々の仕事や家事でそこまで手が回らない人も少なくありません。そこで美しい景観を維持するために、人工芝を敷くというのは一つの解決方法です。作り物ですから、手入れをする必要がなくいつまでも青い姿を見せてくれる便利さがあります。ですが、設置をするときに注意するべき点がいくつかあります。それを知らないで設置してしまうとあとでトラブルになる可能性があります。設置してから慌てることがないように、どのような注意点があるのかを調べて、トラブルが起きることに備えておくことが大切です。

見えないところにカビが発生する危険

人工芝を庭に設置するとその下にはカビが発生しやすいとされています。なぜそのようなことになるのかというと屋根もない場所ですから、雨が降れば当然のことながら濡れてしまうからです。植物であれば水は生きていくためにかかせないものですが、作り物の芝には全く不要なものです。そうして雨によってもたらされた水分は土に吸収される分もありますが、湿気となって隙間にこもってしまう分も出てきます。日光が当たらない日陰でなおかつ湿気の多い環境というのはカビにとって、とても最適な環境ですから雨の後にはカビが生えてしまいます。特に水を通しにくい製品を設置するとカビが生えやすくなります。では、このようなことにならないためには、どのような対策を立てればよいのかというと、水はけがよく防カビ加工がされている製品を設置することや、設置する箇所の土の水はけを良くすることなどが有効な手段です。

人工物でも月日が経てば劣化していく

人工芝を敷いた庭は、いつまでも青々としているように見えますが、風雨に晒されたりその上を歩いたりすれば芝が抜けてしまったり色が変化したりしてしまいます。日々技術は進歩しているので耐久性は向上していますが、一般的に耐用年数は10年前後とされています。天然芝は手入れをしていればそれよりも長く生きることが出来るので設置しなおす手間というのをよく考えなければいけません。しかし人工芝を敷いた庭を長持ちさせるための工夫をすれば、設置し直す手間は天然芝に劣ることはありません。何を心がければよいのかというと、物置やテーブルや椅子など重いものをずっと置かないようにしておきましょう。それから人が歩いたあとなどは、芝が寝てしまい水はけのために空けている穴を塞いでしまうのでデッキブラシなどで起こすようにしましょう。

人工芝を庭に設置する際の管理方法

昨今、多様な手段で庭を彩ることができるようになっていますが、中でも根強い人気があるのが人工芝です。天然の芝の魅力ももちろんですが、水やりや芝刈りの時間がどうしても取れないという方からの需要にマッチしています。ただ、人工と言ってもある程度の管理が必要となります。特に長く綺麗なまま維持したいという方はメンテナンスが重要です。加えて施工前の準備も長持ちさせられるかどうかのポイントになっています。設置の段階でその後のメンテナンスの手間も変わってきます。これらを把握しておくことで長く楽しむことが可能となります。また、スポーツ用なのかエクステリア用なのかによっても管理の方法が異なります。庭に植えるのは一般的にエクステリア用ですが、スポーツ用を植えることも可能ではあります。

施工する前から重要なポイントがあります

人工芝を設置する前には丁寧に整地をする必要があります。デコボコしているところにシートを設置するとずれることがあるからです。設置が終わると定期的なメンテナンスを行うのが一般的ですが、その前に注意することを確認しておきます。まずは重量のあるものを長時間置かないことです。重い物を置くと芝のパイルが倒れます。短い時間であればパイルが立ち上がって直るのですが、長時間にわたってパイルを倒したままにすると戻ってこなくなることがあります。椅子や机の脚で踏んでしまうのも同様の問題に繋がる可能性がありますが、一箇所に机の脚を置く場所を固定することでその分だけパイルを倒すという方もいます。また、自動車の走行も大きな負担になります。人が乗ったり、跳ねたりする分には特に問題はありません。

エクステリア用人工芝のメンテナンス

庭によく設置されるエクステリア用の人工芝はノンサンドタイプになっています。ノンサンドタイプでは充填剤の補充を行う必要がありません。ただ、よく通る場所の芝が倒れてくることもあるので、定期的にデッキブラシなどで芝を立たせておくことをお勧めします。芝の中に土や砂が混じってくることもあるので、そちらも定期的に掃除しておくことと芝を長持ちさせることに繋がります。ジュースなどの飲料水をこぼしてしまったとしても、水で洗い流すことで変色を防ぐことができます。色の濃い飲み物の場合は変色に繋がる恐れが大きいので、早めの処理が特に重要となります。定期的に行うメンテナンスは実にシンプルであり、あとは汚れてしまった時の対処を行えばOKなので比較的簡単に整備できると言えます。